サンドブラスト、輪郭線を強調して

圧力をかけた砂はノズルの先から勢いよく吹き出します。様々なデザインの輪郭線をこのサンドブラストで強調し表現して行く技法。深みのある静けさを感じるクリアーガラスへのサンドブラスト作品作り。

サンドブラスト作品作り、パンジーとリボン

サンドブラスト教室 千葉県勝浦 Atelier Reverie

空きびんを切断出来る位の圧力から手のひらに当ててくすぐったい位の圧力まで、サンドブラストの作品作りではその表現にあった砂の圧力で作品作りを行って行きます。輪郭線を強調したサンドブラストはシルエットでは無くデザインの重なりが表現可能な技法の基本です。

サンドブラスト教室 パンジーとリボン

3ミリのクリアーガラスを使っています。サンドブラストの講習で前半位に制作する課題でもあります。

趣味 習い事 生涯学習 サンドブラスト 千葉県勝浦

デザインをトレースしマスキングへ写しガラスに貼り付ける。

趣味 習い事 生涯学習 サンドブラスト 千葉県勝浦

写したデザインの線は全てデザインカッターでカットして行きます。マスキングのカットですがこのカットが完成度を大きく左右します。極端に言えばこのカットで良し悪しがほぼ決まります。もちろん後のブラスト作業は難しい面もあり重要ですがその土台になるのがマスキングのカットです。

趣味 習い事 生涯学習 サンドブラスト 千葉県勝浦

深く落とし込むサンドブラストではゴム製のマスキングシートを使います。ゴムの厚みは1ミリ、マスキングシートとしては厚い方です。この厚みを垂直に切って行くようにカッターの角度を保ちます。ゴムの厚さ部分が斜めにカットされると綺麗な線が出ません。この辺は実際ブラスターを行いながら説明しないと難しい内容です。砂の圧力は高めでの作業になりますのでゴムが斜めにカットされると薄い部分は溶け出す場合があります。

趣味 習い事 生涯学習 サンドブラスト 千葉県勝浦

圧力は高め、砂が噴き出すノズルの先端は砂が当たる部分と5センチかそれ以上近くなる場合も有ります。

サンドブラスト教室 パンジーとリボン 千葉県勝浦

輪郭線を強調しデザインの重なりを表現して行くサンドブラスト

サンドブラスト教室 パンジーとリボン 千葉県勝浦

マスキングを剥がして砂をかけて行く

サンドブラスト教室 パンジーとリボン 千葉県勝浦

写真では解りずらいですが作品を持つ左手は右手に持つノズルの動きに同調して行きます。

サンドブラスト教室 パンジーとリボン 千葉県勝浦

ノズルを持つ右手が主役と考えがちですが左手は決してわき役では無いのです。作品作りを数こなして行くと自然に身に付いて行き左手も自然に動いてくれるようになって行きます。

サンドブラスト教室 パンジーとリボン 千葉県勝浦

様々なガラスへサンドブラストは可能ですが薄手のガラス、3ミリ位から注意しないと穴が空いてしまいます。

サンドブラスト教室 パンジーとリボン 千葉県勝浦

約1ミリの深さでガラスを落とし込みますがついつい重なりの部分が消えないか心配になり深く落とし込み過ぎる事も多いです。綺麗な輪郭線を出すには均等に砂を当てるように、浅過ぎず深過ぎず。

サンドブラスト教室 パンジーとリボン

マスキングのカットは重要です。サンドブラストは細かな部分まで表現されますのでマスキングカットの線がそのまま出ます。後ろからリボン、葉っぱ、花びらの各重なりが綺麗に表現できる輪郭線を強調したサンドブラストの基本技法です。

サンドブラスト教室 文字入れ

文字入れもサンドブラストの魅力の一つ、深めに入れてあるので立体感が出て雰囲気も良くなります。クリアーなガラスへのサンドブラスト、落ち着いた優しい雰囲気のある作品作りに心魅かれます。

【この記事の作品作りはAtelier Reverieサンドブラスト教室の講習でも行っています】


宜しかったらクリックして下さい、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事に付きましてはブログランキング、ブログ村上記のクリックが多い場合その内容の続きや関連内容をアップするよう心がけています。


【ガラス工芸Atelier Reverieではステンドグラス、サンドブラスト、万華鏡の作り方を楽しく学ぶ教室を開催しています。未経験の方も安心して参加出来るよう基礎から丁寧な指導を行います】

アトリエ レヴェリ ガラス工芸教室

ステンドグラス無料体験 千葉県勝浦

・趣味 習い事 生涯学習・・ 千葉県勝浦 ステンドグラス教室 サンドブラスト教室 万華鏡教室

【ガラス工芸アトリエ レヴェリ】

ステンドグラス教室、サンドブラスト教室Atelier Reverieは千葉県勝浦市で活動しています。 市原市、館山市、君津市、鴨川市、木更津市、大多喜、いすみ市、茂原市方面の方へ又遠方からのご参加も歓迎致します。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP