ステンドグラスのテーブル作り 空きびんを利用して14

ワインやシャンパン、日本酒など空きびんのガラスを板状に加工して作り上げた丸型のテーブル。本体のアイアン部分も多少加工して結構良い雰囲気に仕上がりました。

ステンドグラスで作るテーブル

ステンドグラス教室 千葉県勝浦 Atelier Reverie

空きびんとステンドグラス

過去に空きびんで色々作りましたが苦労するのが板状にする加工。初期のころは上手く行かず泣かされましたが色々素行錯誤を繰り返してステンドグラスのガラスにも使えるようになりました。

ステンドグラス テーブル作り

空きびんのガラスは厚さも不均等(ワンウェイびんの場合)、アンティークガラスの雰囲気を持ち合わせます。

ステンドグラス テーブル作り

前回(大分時間がたってしまいましたが)はテーブル基台のアイアン部分の加工。

ステンドグラス教室 テーブル作り方

ガーデニング用の花台を加工してテーブルの基台としました。

ステンドグラス教室 テーブル作り方ステンドグラス教室 テーブル作り方

艶消しの塗料で化粧直し。前回はこの辺まで、続きをアップします。

ステンドグラス教室千葉県勝浦 ステンドグラス入門

円形のステンドグラスはテーブルの下側から入れて取り付けています。上部へは円形のクリアーガラスの板が乗っています。

ステンドグラス テーブル作り

ステンドグラスで作る様々なテーブル類は最上面へクリアーガラスを乗せる場合が多いです。ステンドグラスの保護にもなりテーブルとして使い易くする為でもあります。

ステンドグラス テーブル作り

ステンドグラス用のアイアンテーブルであれば、はめこみ式でサイズも決まっています。今回の円形テーブルはステンドグラス用では無いのではめ込むようには出来ていません。カットしたガラスの周囲にはケイムを入れて飾りはんだ付を行うのでその辺を考慮してガラスのサイズは決めています。

ステンドグラス テーブル作り

クリアーガラスを普通にカット

ステンドグラス テーブル作り

この後は少しガリを使うだけでルーターは必要ありません。

ステンドグラス ケイム テーブル

テーブルの周囲なので丸みのあるケイムを使用。

ステンドグラス ケイム テーブル

カットした円形のガラス周囲にケイムをはわせて行きます。

ステンドグラス ケイム テーブル

テープ技法で作るステンドグラスの円形パネル作品なども同じように周囲にケイムを使用する場合も多いです。強度も有り見栄えも良くなります。

ステンドグラス ケイム テーブル

こんな感じの円形のガラスをテーブルの一番上に取り付けます。

ステンドグラス ケイム テーブル

1週したケイムの接続はもちろんはんだ付。裏も行います。ケイムの初心者の場合よくある失敗が接続のはんだ付でケイムを熔かしてしまう事。ケイムの接続はんだはケイムとはんだが溶け合うように付けないと強度が弱く外れます。熱を十分にかけて行いますが、かけ過ぎればケイム自体が溶けてしまいます。

ステンドグラス ケイム テーブル

ケイム作品はガラスが入る溝に隙間が出来ますのでパテをその部分に入れて行きます。防水と耐震の役目があり重要です。

ステンドグラス ケイム テーブル

指でパテをガラスとケイムの隙間に詰めて行きます。

ステンドグラス テーブル 千葉県勝浦

はみ出たパテは竹のはしなどで取り除きます。

ステンドグラス テーブル 千葉県勝浦

余分なパテを取り除き綺麗に仕上げます。

ステンドグラス テーブル 千葉県勝浦

パテの汚れは木屑で綺麗に落として行きます。

ステンドグラス テーブル 千葉県勝浦

私の場合汚れ落としには軍手を使います。木屑を擦りつけるようにクリーニングするとケイムもピカピカに綺麗になって行きます。薬品を使いたくない人には良いです。

ステンドグラス テーブル 千葉県勝浦

上部へ取り付ける円形のガラスが完成。このケイムの上へは後にはんだの飾付けを行います。

次回に続きます


宜しかったらクリックして下さい、励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


【ガラス工芸Atelier Reverieではステンドグラス、サンドブラスト、万華鏡の作り方を楽しく学ぶ教室を開催しています。未経験の方も安心して参加出来るよう基礎から丁寧な指導を行います】

アトリエ レヴェリ ガラス工芸教室

ステンドグラス無料体験 千葉県勝浦

・趣味 習い事 生涯学習・・ 千葉県勝浦 ステンドグラス教室 サンドブラスト教室 万華鏡教室

【ガラス工芸アトリエ レヴェリ】

ステンドグラス教室、サンドブラスト教室Atelier Reverieは千葉県勝浦市で活動しています。 市原市、館山市、君津市、鴨川市、木更津市、大多喜、いすみ市、茂原市方面の方へ又遠方からのご参加も歓迎致します。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP